4500年以上も座り続けピラミッドを背に見守っている人面獣身のスフィンクス、いったいしっぽはどんな形をしているの?この疑問への答えを見つけるべく、カメラを手にスフィンクスを見に出かけました。

ピラミッドエリアには2つの入り口があります。一つは、ピラミッド通りの終点、マリオットオベロイホテル横の坂を上がって行ったところにある入り口、もう一つはスフィンクスが鎮座している河岸神殿跡前にある入り口です。車で入場できるのは前者のみですので通常のツアーはこちらから入りますし、ピラミッドを先ず見て下へ降りていくのでお勧めです。

入場ゲートを通ると目の前にクフ王のピラミッドが聳え立っています。が今日の目的はスフィンクスのしっぽなので、ここは素通り。

 

クフ王のピラミッド横を抜けるとカフラー王のピラミッドの前に出ます。そこからギザの街の方へ目を向けると、スフィンクスの頭が見えます。足元には河岸神殿へ続く参道の石畳。そしてその先に丁度スフィンクスが眺めているように、ギザの街を遠望することができるのです。

初めてピラミッドを観光する方々は、ピラミッドが砂漠のど真ん中ではなく、現在のギザの街に隣接しているのに一様に驚きます。ピラミッドが構築された頃には目の前をナイル川が流れ、一面の砂漠が広がっていたはずですが、今、スフィンクスは人々で膨れ上がるギザの町並みを見続けているのです。

参道を真直ぐ歩いていけばスフィンクスの背後にたどり着きます。歩いていくと見えるのがスフィンクスの後姿!あれ?しっぽは見当たりません。

 

そこでスフィンクスの左側から正面、そして河岸神殿跡からスフィンクスの右側へとぐるりと歩いて回ることにしました。スフィンクスの左側はバス通りになっています。歩いていき真横から眺めると、写真などでイメージしているスフィンクスよりも、ずっと胴長、足長であることがわかります。また左側の損傷部分も目に付きますね。

 

スフィンクスの正面に到着すると、カフラー王のピラミッドを背にしたお馴染みの光景が目に入ってきます。前から顔を見た後、スフィンクス河岸神殿跡に入り、スフィンクスの右側へ出てきました。左斜め前から全体を眺めると...ありました、スフィンクスのしっぽが。後ろ足のところから、くるっと巻き上がっています。

ここから見るスフィンクスは胴長でも足長でもなく、動物の座った姿そのままです。実に上手く計算されているんですね。

(2007年3月記、2018年一部改訂)