今朝は、日の出と相前後して大きな満月が薄靄のかかるピラミッドの間に沈んで行きました。

以前より撮影してみたいと思っていた『月夜のピラミッド』。何で?と主人から聞かれても上手い答えは無いんですけど、遥か昔の人が感じた畏怖とロマンを感じたいから?でしょうか。

でも月が照らす時間帯はピラミッドエリアに入ることはできません。いろいろ考えた結果、沈む間際の月をスフィンクス側からならエリアの外から撮影できると思い至り、今日夜明け前にトライしました!

夜明け前のピラミッドと月
夜明け前のピラミッドと月

月の出月の入りの時刻とその方角は下記のサイトで調べることができます。

https://hinode.pics/moon

2月は19日が満月で、クフ王とカフラー王の間に月が沈みます。月の入りは20日の午前7時ごろで日の出の少し後。薄明かりの中でピラミッドと月を撮ることができる、との判断でした。しかもスーパームーンです!

そして撮影したのがこの写真です。

スーパームーン
クフ王とカフラー王のピラミッドの間に沈みゆくスーパームーン

実はこの写真、ピラミッドエリアを囲むスフィンクス側の塀に一か所だけ警察車両の出入り口として設けられている鉄柵から、柵の間に三脚の片足とカメラを突き出して撮影しているのです。車で出勤してきた警官に不審の眼差しを向けられましたが、「今日は満月が綺麗だから」と言ったら、警官は鉄柵を開けて入った後に車を止めてご自身もスマホで撮影。お蔭で私の撮影ポイントを車で塞がれ時間をロスしましたが、笑顔で挨拶して別れました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *